※本ページはプロモーションが含まれています

時代は大副業時代へ

政府は平成30年に「副業・兼業に関するガイドライン」を出しました。

そこには

「労働時間以外の時間については、労働者の希望に応じて、原則、副業・兼業を認める方向で検討することが求められる。」

と記されており、

2018年に変更されたモデル就業規則にも

「労働者が勤務時間外に置いて、他の会社等の業務に従事することができる」

と記載されました。

 

つまり副業を政府が推進しているんです。

 

2017年にソフトバンクやディー・エヌ・エー(DeNA)といった大企業が副業を解禁。

そして、現在もYahooなどで大規模な副業サイトがローンチされるなど様々な企業で副業が解禁されており、既に多くの人が副業を始めています。

こういった事例みえてくるのは会社や国が従業員の面倒を見てくれる終身雇用の時代は終わりを告げ、個人が稼ぐ時代が始まったということ。

言い換え得ると国も会社も従業員の面倒を見る余裕がなくなってきたという事です。ですのであなたの生活はあなた自身が安定させていく必要があります。時代の変化に対応して行動できるかどうかで今後のあなたの収入や人生は大きく変わってきます

 

 

これまで副業は「バレないようにしなければならない」、「特別なスキルがないとできない」などネガティブな感情から多くの人に敬遠されてきました。

また、まとまった時間を取れないことや、移動などの手間を考えると諦めざるをえないこともあったことでしょう。

 

もちろんまだ一部では古めかしい会社体制や、特殊なスキルの副業は存在していますがあくまで一部。

 

幸か不幸か世の中は変わり、働き方の様式も目まぐるしく変化を遂げています。

今はスマホ一つあればいつでもどこでも誰でも副業を始めることが可能な時代になりました。

 

 

国の後押しもあり、中小企業だけでなく大手の企業なども次々に賛同しているこの機会に「副業」はじめてみましょう。

 

 

記事一覧へ戻る  トップページへ戻る